FC2ブログ

30代、はじめて育児日記

プロフィール

杏

Author:杏
30代終盤のパート主婦です。
2015年4月に出産。元ウツ持ち。
夫は1級障害者+脳卒中で倒れ後遺症持ちの40代。

2018年より義父と同居開始しました。

育児のこと、家計のこと、暮らしのことなどを
記録も兼ねて、つらつら記します。
よろしくお願いします。

 

最新記事

 

カテゴリ

 

月別アーカイブ

 

最新コメント

 

最新トラックバック

 

2019. 04. 13

3歳11ヶ月(年少)_スモック着ない騒動の続き

年少に進級して2週間たちますが、相変わらずスモックを着るのを嫌がる息子。

初日に保育園で着せてもらったせいか、
「保育園で着る!」
と言って頑として家からは着ていかない息子。

なので最初の3日間は、スモックを持参して保育士さんに渡し、
息子の様子を見つつ保育士さんが着せてくれていました。
なので私は着ている瞬間を見たことはなく。
しかし、お迎えの時には着ているし、嫌がっている様子もない。

3日目、迎えに行ったときに保育士さんに、
「保育園だと嫌がらずに着るんですか?」
と聞いてみたところ、
「そうですね、のたうち回るってほどではないです」
とのお答え。
・・・そこそこは暴れているってことですかね。

しかし一度着てしまえばあきらめるらしく、脱ぎたがるそぶりもないとのこと。

この時点での懸念は翌日に迫った入園式。
さすがに最初から着てないとまずい。
ので、副園長先生と相談し、
「ちょっと早めに園に来て、保育士さんに着せてもらってから式に臨む」
という段取りを整える。(ほんと手のかかる子でスイマセン。)

数日前から「あと〇日で入園式。入園式はスモック着るよ」と言い聞かせ、迎えた当日。

たどり着いた保育園の、普段と違う雰囲気をビンビンに感じ取った息子、
雰囲気にのまれて固まる。

・・・いまだっ!(母の心の声)

うちの息子、雰囲気に圧倒されているときはわりとすんなり言うことを聞く。
(というか、抵抗することを忘れる)

スモックを出して「さあ着るよ!」と言ってみたところ、
呆然と周囲を見回しながら、反射的に手を出した。よし!!
ここぞとばかりに着せる!ボタンをとめる!よっしゃ装着完了!!!

様子を見に来てくれた副園長先生、
「着れたじゃない!!」とほめてくれた。
しかし息子の耳には届かない。
(なんせ雰囲気に圧倒されているでの、耳も目も働いていない)

これで「母が着せた」という既成事実ができ、
入園式翌日からは
「保育園で、母が着せる」
というのが彼の中でのルーチンに。

母としては着る場所を保育園から家に変更したいのですが。
少しずつ園から離れていき、いまは「保育園の駐車場で着る」ことになっています。

家から着て行ってくれるのはいつになるかなあ。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2019. 04. 12

3歳11か月_年少に進級する_身支度で大騒ぎ

ああ、記録しておきたいことがいっぱいあるのに時間と気力が追い付かない。
発達相談(初回)の記録はまた後日。気が向いたら。


この4月、息子、年少に進級しました。

乳児の時は私服のまんまで過ごしていた園生活も、
年少になると制服(スモック)着用になります。

そのほか、通園時の帽子、上履き、カバン、水筒などアイテムも増え。

カバンや水筒は指定のものはなく、色柄も自由なので、
購入時から息子に選ばせようとしたのですが、
お店の売り場に行くだけでキレるキレる。

「ほーら電車のカバンだよ~」とあれこれ見せてみるも、
「いや!」「いらない!!」と絶叫、手を振りほどき脱走。

・・・あきらめてネットで買いました。

そんなんなので、事前(3月)に園長先生に、
「努力します、努力はしますが、
どーしても無理だったらスモック着せずに登園させてもいいですか~」
と泣きついたところ、
「だいじょうぶです、着なかったらとりあえず隠し持ってきてください!」
と心強いお答え。
(隠し持って、というのは、目に触れるとキレるであろうというわが子の特性をよくご存じゆえの発言)

ところがどっこい園長先生、異動!!まじかー!!!


・・・超不安な中むかえた4月1日。
案の定、着ない。
用意していたスモックを床にたたきつけ、
「きーなーいー!!」「しまっといて!!!!」
とキレまくる息子。想定内っス。(私もずいぶん強くなった)

ハイハイじゃあもう着なくてよろしい、と我が子を無理やり車に押し込み、出発。

保育園駐車場で車を降りると、
息子と同い年の子がふたり、ピカピカニコニコの笑顔で、
スモックに身を包み、カバンと水筒を肩から下げて、ママと手をつないで歩いているのが見えた。

うーん、この違い。

「ほらほら、○○ちゃんも××くんもスモック着てるよ~」
と一応息子に話しかけてみるものの、
うちの子は良くも悪くも周りに流されない子なのであった。
人は人。自分は自分。ゆえに自分は着ない。
ある意味潔い。

左手に初日の大荷物、右手に動かぬ像と化した息子を抱えて園に向かい、
「着ませんでした・・・」
と(見りゃわかるけど)報告。
「だいじょうぶです!いってらっしゃい!」
とこれまた心強い保育士さんの言葉に見送られ、私は仕事へ向かうのでありました。。。


そんな年少初日。


ちなみに夕方迎えに行ったら、息子はちゃんとスモックを着ておりました。
「脱ぎたがる様子もなかったですよ。一度着てしまえばだいじょうぶみたいです。」
と保育士さん談。

初物に弱いってことなのかしらねえ・・・。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2019. 03. 20

3歳10か月_発達相談に行く その2

昨日(→)の続き。

一言も発しないでグニャグニャになっている息子を膝に抱えながら、
発達相談を受けました。
備忘録もかねて内容は以下の通り。

【質問】一通りの成育歴(歩き始めはいつ?どんな赤ちゃんだった?夜泣きはひどかった?など)

〔私からの返答〕
歩き始めは1歳6か月と遅め。
夜泣きはひどいと感じる時もあったが、ほかの子のことがわからないので、ひどい方だったのかどうか判断できない。
ひどく育てにくいと感じることはあまりなかった。

【質問】現在の困りごと、心配事は?

〔返答〕
保育園から、こだわりが強い・切り替えが遅いといわれている。
運動神経に不安がある(遊具を怖がって遊べない)
壁を見て歩く癖がある。
自分のルールを完遂したがる(自分の進みたいルートに人がいると、その人が離れるまで待っているなど)
トイレトレーニングが進まない(トイレやおまるで排泄するのを怖がり、嫌がる)


【質問】目が合いにくいと感じることは?

〔返答〕それはない(目はよくあう)。


【質問】言葉の面で心配は?助詞は使える?三語文は話す?

〔返答〕
三語文は話す。言葉が遅いかどうかはわからない(標準がどんな感じなのかがわからない)
助詞はあまり使えない。(「おじいちゃんに○○って言ってきて」と指示すると「おじいちゃんに○○ー!」と伝えてしまう)
絵本やDVDのセリフを(かなり長いセリフでも)丸暗記してしゃべっている。



細かいことは忘れてしまったけど、↑のような感じだったかと。
上記を踏まえて、アドバイスもいただきました。


・話を聞いている限り、理解力はあり、指示もよく通ると思う。

・理解し、納得しないと行動できないところがあるようなので、
 トイレトレーニングは「○○(何月、何歳、年中)になったら」など時期を決めて予告し、
 本人が理解・納得できる期間を設けるといいようなタイプに見受けられる。

・自分のペースを乱されるのを嫌がる(急に「遊ぶのをやめなさい」などと言われるのを嫌う)のであれば、
 スケジュールを見える化して、行動の見通しを立てさせておくと良い。
 できではそこは保育園でも協力してもらうと良い。
 

・・・等々。
非常にためになりました。

長くなったので、さらに続く。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2019. 03. 19

3歳10か月_発達相談に行く その1

先月、保育園で発達相談を受けることをすすめられた我らが親子(→その1 その2

行ってまいりました。児童発達支援センター。

どんなところか全く予想がつかず(HPもない)
お役所的なところか、はたまた病院みたいなところか…と思っていたら、
外観は保育園みたいな感じ。
庭があって遊具もあって、なんならカフェも併設されている。

親(私&ダンナ)はなんとなくほっとしたものの、息子は警戒心MAX。

玄関をはいるとすぐに担当の相談員の方(心理士さん?)が出迎えてくれ、
おもちゃのある部屋に案内してもらったものの、
息子は警戒して一歩たりとも歩かず、やむなく抱っこで連れていく。

席に着くと、
今回は初回なのでヒアリングメインになります、とのこと。
つまり2回目以降もあるってことね、と判断。

さてここから約2時間の面談中、

息子、一言も発せず、全く動かず。


いや厳密に言うと最後の10分頃、
相談員さんが席を外した隙におもちゃで遊び始めたのですが、
それまで私にしがみついたまま、まったく、冗談じゃなくただの一言も発しなかった。
うーん、手ごわい。

もちろん、そんな様子もしっかり観察されていたのでしょう。

相談員さんに、個別相談の継続と療育をすすめられたのでした。


長くなったので、具体的な相談の内容は次回。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2019. 02. 17

3歳9か月_こどもちゃれんじを退会する

息子が1歳のころから続けていた「こどもちゃれんじ」。
先日、更新のお知らせが来ました。

退会の連絡をしない限り、高校3年まで自動継続なのね・・・よく考えたらすごいシステム。

最近、しまじろうに見向きもしない息子。
「はてなんだくん」とかいう、付属の絵本や教材にあてるとしゃべる機械では遊んでいるものの、
それ以外の、DVDや絵本は見もせずに放置されていること数か月。
もったいないなー、と思ったのでこれを機に退会することに。

退会の連絡は電話でないとダメ、とあったので、嫌だなーと思いつつ(電話ニガテ)電話を。

DMが届いた直後のタイミングだったからか、
「込み合っております」の音楽とともに待たされること数分。

やっとつながったオペレーターさんに3月で退会したい旨を伝えると、

「4月号は進級記念号で、いろいろな付録教材が付いています!」
「お子さまは4月生まれなので、4月にお誕生日のお祝いがあります!」
「年払いから月払いに変更して、4月号だけでも・・・!」

いやーわかってたけどの営業トーク。
これがあるから退会受付は電話のみ、なんだもんね。

ただでさえ電話嫌いだし、押しに弱いし、
ついでに「オマケ」「お得」にも弱い私、

「いやもうホントけっこうです、スミマセン!」

なんでこっちが謝らんといけないんだと思いつつ、謝り倒して電話を切った。
あー逃げ切れた!(大げさな)

(あ、別にオペレーターさんはしつこいとか感じ悪いとかそんなことは全然なかったです。
単に私のお断りスキルが低すぎるだけです)

これで無駄に増えていく教材の収納に頭を悩ませることもなくなるのね。
気持ち的にちょっとすっきりしました。

もし、息子がまたやりたいと言い出したらその時考えます。

私的にはこどもちゃれんじよりZ会の幼児教材のほうが気になるんですけど・・・
子供受けはよくないだろうな、やっぱり。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 | ホーム |  »

オススメ

 

検索フォーム

 

RSSリンクの表示

 

リンク

 

QRコード

QR
 

ブロとも申請フォーム