FC2ブログ

30代、はじめて育児日記~ウツ持ち母と発達グレーな息子の成長記録~

プロフィール

杏

Author:杏
30代終盤のパート主婦です。
元ウツ持ち。→2019年再発?
年少の長男は発達障害疑いで目下、各方面に相談中。
夫は1級障害者+脳卒中で倒れ後遺症持ちの40代。
2018年より義父と同居開始しました。

育児のこと、家計のこと、暮らしのことなどを
記録も兼ねて、つらつら記します。
よろしくお願いします。

 

最新記事

 

カテゴリ

 

月別アーカイブ

 

最新コメント

 

最新トラックバック

 

2018. 02. 24

保育園で見学。発達と、友達とのかかわり、その②。_2歳9か月

昨日の続きです。

実はここ数ヶ月、息子の発達障害を疑っていた私。
自閉の傾向があるのではないかと。
(こだわり、エコラリア、感覚過敏など当てはまる項目がいくつかあった。
ただしよく目が合うなど当てはまらないこともいくつもあった)

ただ、この見学を終えた時には、
疑いはかなり薄くなっていた。

息子はたぶん、
人づきあいが壊滅的に下手なだけである。


・・・のではないかと。

以前から保育士さんに、「息子さんはよくマイワールドに入っています」と聞いていたので、
周囲のことを全く気にしていないのかと思っていたのだけど、
見学をした限り、
「気にはなるけど参加できない」ゆえに「自分の世界に浸らざるを得ない」のがより正しい表現のような気がしてきた。
よく他の子の様子をちらちら見ていたし、新しいおもちゃが出てきた時も興味をひかれていたようだったので。
先生には呼びかけもできていたし。(ただ、他の子ども達には話しかけようとしない)

こりゃたぶん、性格の問題だ。

もちろん、先天的な発達の問題だろうと、後天的な性格の問題だろうと、
適切なフォローをしてやらねばならんことに変わりはないんだけど。

正直なところ、私の子である時点でまあ、
「ちょっと変わった子」であっても何の不思議もないわけで。


ちなみにこの見学からしばらくたって、
4月に転園することを担任の先生に告げたところ、真っ先に聞かれたのが、

「新しい園は大人数ですか?」

ということ。
少数のところを選びました!というと心底ほっとした顔で、

「それならきっと大丈夫ですね」

といわれました。

夫は当初、引っ込み思案な息子を心配して、
大人数の園に入れてもまれたほうがいいんじゃないかと思っていたみたいですが、
悩んだ末に小規模園に申し込み、無事決定通知書が届いたという経緯もあり。

もちろんそれで伸びる子もいると思いますが、
うちの子は見て居る限り、そうすると潰れてしまうような子な気がするので・・・・

焦らず、ゆっくり見守っていこうと思います。
まあ、人づきあいが苦手でも何とかなるからね!(私は何とかなったからね!)

自閉傾向についての疑いは薄まっただけで、ゼロになったわけではないので、
そっちも注意深く見守っていこうと思います。
転居して早々に3歳児検診があるので、少し相談してみるつもりです。


にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村


スポンサーサイト

2018. 02. 23

保育園で見学。発達と、友達とのかかわり、その①。_2歳9か月

先月のある日、保育園にお迎えに行くと、
担任の先生がスススと近寄ってきてこう言った。

「一度、お子さんの普段の様子を見に来てみませんか?」

他の保護者の方には声がかかっているふうではなく、
つまり個別に呼び出しだ。
これはわが子に、いよいよ何か問題があるのかと腹をくくって見学に行くことにした。

・・・結論から言うと、先生に深い意図があったわけではなく、
ただ以前の面談(→)などの内容から、
私が息子の様子を心配しているのではないかと思って声を掛けてくれただけのようで。
そういう意味では拍子抜けだったのだけど(絶対何か指摘を受けると思った・・・)
普段の息子の様子を見られたのは本当に収穫だった。先生に感謝。

おやつが終わった15時半ころから、見学スタート。
教室の隣にある小部屋の窓からそっと覗く。
(とはいってもマジックミラーではないので、向こうからも丸見え)

パズルなどの玩具で遊ぶ時間のようで、先生が玩具を出してくる。
出されるそばから、子ども達は思い思いに好きなパズルや玩具に飛びつく。
そしてわが子はその輪に入れない。
皆があらかた選び終えたあとの、残っているもののひとつにそーっと忍び寄る。
(ほんと、忍び寄るという表現がぴったり)

わが子がそーっと遊んでいる玩具に興味をひかれたのか、
別の男の子が近寄ってきて横から手を出し、一緒に遊ぼうとすると、
びっくりしたように手を引っ込める息子。
そしてそのまま後ずさって、玩具から離れる。
当然、玩具はその男の子が遊びだす。
(決して強奪されたわけではありません。あくまでいっしょに遊ぼうとしていただけなのに、息子が逃げただけ)

行き場をなくした息子。きょろきょろ見回すと、他の子が飽きたパズルが空いている!
またそーっと移動して、パズルの前に座る。
(保育士さんもうまいこと誘導してくれていました)

ピースを手に取るもどこにはまるかわからない様子。
「あれー?わからないー」と大きめの声でアピールするも、
ちょうど保育士さんは勃発中の子ども達の諍いを仲介しているところで、
息子のほうには手が回らない。
息子、ちょっと考えて、
「せんせー、わからないー」
と今度は「先生」に対して呼びかけていることをアピール!
おお!呼びかけた!
仲介を追えた先生が戻ってきてフォローしてくれる。

その間、保育士さんが新しいおもちゃを出してくれて、
他の子たちがわっと歓声を上げて群がるも、
息子はチラッとそちらを見ただけで動かない。
興味がないわけではなく、タイミングを逸してみんなの輪の中に入れなかっただけのよう。

やがてパズルが完成する前に飽きて部屋の隅へ移動。
そこでゴロゴロし始める。
「つかれたよ~」「おなかぺこぺこ・・・」(←機嫌が悪くなってきたときの決まり文句。おなかがすいているわけではない)

ここで見学終了。
長くなったので続きます。


にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018. 02. 16

最近の息子言動集_2歳9カ月 その1

まったく記録できてません…月イチ成長記録さえ…

それでも息子は日々成長していくので、
発言だけでも。

【その1】
「ばいきんまーん。…ちがった。おかあちゃーん。」
…母をばいきん扱いするんじゃねぇ。

【その2】
お利口さんだねえ。と褒めると、お利口さんじゃない!と否定する息子。
最近は、さらにこう言う。
「おりこうさんじゃない!おりこうさんなのはわたしじゃなくて…カゲさ」
いきなりのシルエットはかせ。

【その3】
家でも外でも、いたるところで大声で。
「おーーーい、みんなーーー!どこいったのーーー!!!」
やめて、なんか誤解される!


周りの子と比べるとすこし言葉がおそいかな?
とも思うのですが、
なかなかどうして、ちゃんと成長しておるようです。


2018. 01. 04

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年も気力と体力があるときに、ごくたまーに更新していきます。
見ていただける方、よろしくお願いいたします。

本日から保育園はじめ、
息子は大号泣して母(私)に羽交い締めで抱っこされながら登園していきました。
あまりの泣き声に、保育園のドアを開けた瞬間に保育士さんがすっ飛んできました。

教室に入ったら、居合わせた先生方、爆笑。
(↑イヤな笑い方じゃないですよ。あらあら○○くん今日は一段と激しいわね~みたいな温かい笑いです)
子どもたちはキョトン。(何でこの子こんなに泣いてるの?みたいな。ごもっとも。)
何人かいた保護者の方たちは笑いをかみ殺していました。。。

新年早々おさわがせすみません。

ここ1ヶ月ほど、保育園へ生きたくない病が半端ないです。
かーちゃんは朝から疲労困憊です。

ああ、もしかしたら年が明けたらすっかり保育園好きになってるんじゃないかなーとか、
絶対あり得ないかすかな希望を抱いていたけど、
やっぱり案の定予定通り、打ち砕かれました。


。。。。今年も頑張るぞ。


にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村


2017. 11. 18

保育園での面談

先月のことですが、保育園で面談がありました。
その時のメモ。

◇保育園での様子

・他の子供と手をつなぐ、体に触れられるのを嫌がる。
→手は最近つなげるようになってきたが、それ以外はまだ嫌がる(電車ごっこなど)。
いきなり触られると、イヤそうに払いのけたりする。

・自分の世界・ペースを乱されるのを嫌がる
→遊んでいる途中でおやつ、お茶、トイレなどの時間になって保育士さんが声掛けをしても、
聞こえないふりをして遊びを続行する。
(一瞬動きが止まるので、聞こえていないわけではないよう)
もしくは「ぼく、いま遊んでるんで結構です」みたいな表情になって(←保育士さんにホントにこう言われた。笑)拒否する。

・人の多い場所は慣れてきた様子
→以前はお誕生日会などの全園児が集まる行事を極度に嫌がっていて、会場に入るのを拒否したり泣いたりしていたが、
最近はこわばった顔をしながらも参加したり、調子が良ければ笑顔も見せるようになっている。

・トイレに行くのは嫌がる
→他の子が行っているのを見て、調子が良ければ自分も行ってみることもあるが、基本的には嫌がる。

・絵本や歌の記憶力がすごい
→数回しか読んでいない本を暗記していたり、一度聞いた歌を覚えてしまったりする。
他の子と比べても記憶力は高い。
→遊戯の時間に歌を歌っていて、その時はイヤそうな顔をしているので、
保育士さんが「あ、○○くん(息子)はこの歌好きじゃないんだな」と思っても、
昼寝の時間にいきなりひとりで歌いだしたりするそうな。
(保育士さん曰く「たぶん他の子の歌う大きな声がイヤなんだと思います」とのこと。協調性よ・・・)


◇こちらからの相談

・トイレトレーニングが進まない。一度トレパンで失敗してから、はくのを嫌がるようになった。
【保育園からの回答】
保育園での様子を見ていると、性格的に、「失敗を繰り返して覚える」タイプではないと思う。
「失敗するといやになる」タイプでは。
何回もトイレに誘って、成功したら褒めちぎる、というやり方のほうがいいと思う。
トレパンを使うのはある程度トイレでできるようになってからのほうがいいのでは。
○才までに!とあせらず、ゆっくり取り組めばよいと思う。

・壁を見て歩く。つま先立ち。やたら暗記力が高い(エコラリア?)。など何らかの障害では?と思う特徴がみられる。
【回答】
壁を見て歩くのは保育園でもよくやっている。
友達との接触を嫌がるのは上記のとおり、
工作の時間など、糊が手につくと頻繁に「ふいて!」と要求するなど、やや神経質、感覚過敏な面もある。
暗記力は確かに高い。
ただ、年齢的にまだ何とも言えない。この年齢だと本当にいろいろな子がいるので、個性の範囲かもしれない。
今後、注意してみていきます。


とのこと。
特性に関しては、「こんなの障害じゃないですよ~!」と笑い飛ばされることを期待していたのですが・・・
ま、保育園でも「ちょっと変わった子」だと思われてるのかな?と感じた面談でした。

ただ最後に、
「○○くん、ほんとにかわいいんですよ・・・いやされてます」
とにっこり笑って言っていただけたのが救いでございました。

いやほんとに!そうなんです!まじでかわいいんですよ!
と返さなかった私をほめていただきたい。親ばか。


にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村


 | ホーム |  »

オススメ

 

検索フォーム

 

RSSリンクの表示

 

リンク

 

QRコード

QR
 

ブロとも申請フォーム