FC2ブログ

30代、はじめて育児日記~ウツ持ち母と発達グレーな息子の成長記録~

プロフィール

杏

Author:杏
30代終盤のパート主婦です。
元ウツ持ち。→2019年再発?
年少の長男は発達障害疑いで目下、各方面に相談中。
夫は1級障害者+脳卒中で倒れ後遺症持ちの40代。
2018年より義父と同居開始しました。

育児のこと、家計のこと、暮らしのことなどを
記録も兼ねて、つらつら記します。
よろしくお願いします。

 

最新記事

 

カテゴリ

 

月別アーカイブ

 

最新コメント

 

最新トラックバック

 

2019. 02. 17

3歳9か月_こどもちゃれんじを退会する

息子が1歳のころから続けていた「こどもちゃれんじ」。
先日、更新のお知らせが来ました。

退会の連絡をしない限り、高校3年まで自動継続なのね・・・よく考えたらすごいシステム。

最近、しまじろうに見向きもしない息子。
「はてなんだくん」とかいう、付属の絵本や教材にあてるとしゃべる機械では遊んでいるものの、
それ以外の、DVDや絵本は見もせずに放置されていること数か月。
もったいないなー、と思ったのでこれを機に退会することに。

退会の連絡は電話でないとダメ、とあったので、嫌だなーと思いつつ(電話ニガテ)電話を。

DMが届いた直後のタイミングだったからか、
「込み合っております」の音楽とともに待たされること数分。

やっとつながったオペレーターさんに3月で退会したい旨を伝えると、

「4月号は進級記念号で、いろいろな付録教材が付いています!」
「お子さまは4月生まれなので、4月にお誕生日のお祝いがあります!」
「年払いから月払いに変更して、4月号だけでも・・・!」

いやーわかってたけどの営業トーク。
これがあるから退会受付は電話のみ、なんだもんね。

ただでさえ電話嫌いだし、押しに弱いし、
ついでに「オマケ」「お得」にも弱い私、

「いやもうホントけっこうです、スミマセン!」

なんでこっちが謝らんといけないんだと思いつつ、謝り倒して電話を切った。
あー逃げ切れた!(大げさな)

(あ、別にオペレーターさんはしつこいとか感じ悪いとかそんなことは全然なかったです。
単に私のお断りスキルが低すぎるだけです)

これで無駄に増えていく教材の収納に頭を悩ませることもなくなるのね。
気持ち的にちょっとすっきりしました。

もし、息子がまたやりたいと言い出したらその時考えます。

私的にはこどもちゃれんじよりZ会の幼児教材のほうが気になるんですけど・・・
子供受けはよくないだろうな、やっぱり。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2019. 02. 16

3歳9か月_発達相談をすすめられる その2

昨日の続きです。
保育園の園長先生から、発達支援センターでの発達相談を受けることをすすめられました。
年少になる前に、一度相談を受けてみてはどうですか。と。

「こだわり」と「切り替え」については家でも気になっているところではありましたが、
何せうちは一人っ子なうえ私にはママ友というものがおらず、
よその子がどんな感じなのか、「ふつう」はどういうものかがわからない。

ので、先生に「具体的に気になるところはどんなところですか?」と尋ねてみました。

こだわりについては、

・親(私)が迎えに来るルートが違うと怒る。
(普段は外のテラスから行くが、たまに玄関から入って別の入り口から教室に入る。と、泣いて怒る)

・自分がここ!と決めている席(椅子)に誰かが座っていると怒る

・トイレで「出す」ことを極端に怖がる

などなど。それに類する細かいことがまだまだあるらしい。

基本的に「自分の中で決まっているルールがあり、そこから逸脱することを嫌がる。
ひとつでも崩れてしまうとパニックになる」様子とのこと。

「切り替え」については、(そのまんまですが)、一度怒り出すとなかなか復活できない、とのこと。

いま(乳児組)は、保育士さんが一人ついて別室で落ち着かせたりしてくれているが、
年少になるとそれも難しい(基本的には1クラスにつき保育士1名のため)。
よって、

こだわりがかなわず崩れる→立ち直れない→やっと立ち直ったらみんなはもうべつのことをしている→またパニック

という負のループが生まれてしまう可能性ありとのこと。

むむむ、めんどくさい子だな、わが子ながら。

家でも、「そこに地雷・・・!?」というタイミングで怒り出すことがよくあり、
ほとほと手を焼いていたので、やっぱりわが子のこだわりはちょっと強すぎるらしい。
保育士さんが言うんだからもう間違いない。

トイレトレーニングがなかなか進まないのも、もしかすると本人に何かこだわりがあるのかも?
と言われました。うん、たぶんそうだと思います。。。。

面談後、迷わず発達支援センターに電話をして、相談の予約をしました。
込み合っているとのことで、予約がとれたのは3月中旬。
うーんみんな悩んでるのね。

しかし。
2歳代からずっと疑っていたことを専門家(保育士さん)に指摘してもらえて、
新たな専門家(支援センター)に相談する機会を与えてもらって、
私としてはちょっとすっきりしました。
考えすぎなのか、相談すべきなのか、その判断が自分ではできなかったので。

どうなることやらわかりませんが、とりあえず、3月の相談を待ちたいと思います。
それまでに育児記録をまとめておかなければ・・・このブログしかないけど・・・。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2019. 02. 15

3歳9か月_発達相談をすすめられる

はい、タイトル通りです。
も~ほんとになんでこんなにいろいろあるんだろ、我が家。
ちっとは落ち着かせてくれ。

年末に園長直々に「面談をしましょう」と言われ、
なんやろ?トイレトレーニングをなんとかしろー!ってことかなー、と思いつつ、
(別の保育士さんに懸念を表明されてたし→
なかなか時間が合わず2月にずれ込んだ面談で、

最初は園での息子の様子などを話していただいてたものの、
途中からなんだか歯切れが悪いぞ?何が言いたいんだ??
と話の流れが見えなくなってきたところで、

すっと差し出された一枚のパンフレットには
「発達支援センター」の文字。

なるほど、歯切れの悪さはこれか。
「うちの子に限って!」ってキレられると思われたかな。

なーんだ、って顔をする私(もしかしたら声に出てたかも)に、
先生も拍子抜けした様子。
そりゃそうか。

とはいえ。
なーんだ、とは思ったと同時に、
あれ?このタイミングで言われるんだ?とも思った私。
むしろ息子の「発達問題」は2歳代が一番不安で(→この辺の時期     
3才になってからはだいぶんこれらの傾向がなくなったり、薄くなったりしてきたので、
気にしすぎだったのかなあ、別に問題ないのかもなあ、と思い始めてもいたのです。

しかし、過去何十年ものあいだ、何百人の子供を見てきたベテラン保育士さんが、
「この子はやっぱり」と思って発達相談を進めてきたんだから、
やっぱりそういう傾向があるんだということなんだろう、と、
まあそこらへんはすんなり受け入れられました。


自分の親としてのスキルや直感なんてまったく信頼してないので。
「親である私が一番わかります!この子には問題なんてありません!」
なんて言えない。絶対言えない。


私があっさり受け入れたことで、先生も話しやすくなってくれたのか、
そこからは腹を割って園での息子の心配事を話してくれた。

大きく2点。
ひとつは「こだわりが強い」こと。もうひとつは「切り替えができない」こと。

このふたつが、進級にあたって大きな懸念材料であること。

つまり、
年少に進級すると、「集団行動」が増える。
担任一人当たりに対する子供の数も増える。
そういう中で、この二つが息子にとってハードルになって、

集団行動ができない→園生活を楽しめない→保育園が苦手→人が苦手

という悪循環を生むことになってしまうかもしれない・・・

というお話でした。
長くなったので続く。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2019. 02. 11

3歳9か月_インフルエンザ発症

息子、インフルエンザA型発症・・・やっちまいました。

やっちまいました、というのは、
予防接種を受けさせなかった私の落ち度だからです・・・
ごめん息子・・・

その日、保育園に迎えに行くと
「息子くん、熱が37度超えてますー」
と言われ。(もうすぐ迎えの時間だったので電話連絡なしで待っていてくれていたよう)

元気そうではあったものの、
「最近ちらほら熱を出す子が増えてまして・・・」
という保育士さんの言葉に、慌てて小児科を予約し。

小児科につく頃には38度を超えていたので、嫌な予感はしたのですが、
はい、やっぱりインフルエンザー!

(しかしインフルエンザの検査ってのはあれですね、
子供にしたら拷問みたいなもんですね。
息子も3人がかりで押さえつけられながら鼻に検査キットを突っ込まれておりました。
そりゃー泣くよね)

インフル確定で先週は私も4日も仕事を休ませてもらい、家で看病の日々。

熱が39度を超えればインフルエンザ脳症になったらどうしよう・・・と慄き、
咳が出始めればインフルエンザ肺炎になったのかも・・・!と不安になり。
予防接種を受けさせなかった自分のバカ!ばかばかばか!!!と自分を殴りたくなっておりました。
もー来年は絶対受ける。なにがなんでも受ける!

しかし子供ってのは何で39度の熱があっても元気なんでしょうね?
夜と昼寝の時間以外は布団で寝ることを断固拒否して遊んでおりました。
しんどいやろに・・・・おとなしく寝れば楽やろに・・・

うちの息子はそのままでは薬を飲んでくれないので、
毎朝毎晩、黙ってタミフル入りジュースを飲ませておりました。

タミフルって味が付いていないのか、ジュースに混ぜたら気づかずに飲んでくれた。よかった。
(普通の風邪薬は変な甘みがついているので、ジュースの味が変わってしまって気づかれる)

普段あんまり飲ませてもらえないジュースがふんだんに出てくることに疑問は感じないのかね?
まだそんなことを考えられるほどはひねくれてないのかな??素直ね。

ともあれ順調に解熱し、解熱後2日経過したのでやっと保育園も行ける!仕事も行ける!!
出勤したらみんなに謝り倒さねば!!(3連休も含めて1週間も休んじゃった!)

まだまだ流行中のようですので、みなさまお気を付けくださいまし。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 | ホーム | 

オススメ

 

検索フォーム

 

RSSリンクの表示

 

リンク

 

QRコード

QR
 

ブロとも申請フォーム