FC2ブログ

30代、はじめて育児日記~ウツ持ち母と発達グレーな息子の成長記録~

プロフィール

杏

Author:杏
30代終盤のパート主婦です。
元ウツ持ち。→2019年再発?
年少の長男は発達障害疑いで目下、各方面に相談中。
夫は1級障害者+脳卒中で倒れ後遺症持ちの40代。
2018年より義父と同居開始しました。

育児のこと、家計のこと、暮らしのことなどを
記録も兼ねて、つらつら記します。
よろしくお願いします。

 

最新記事

 

カテゴリ

 

月別アーカイブ

 

最新コメント

 

最新トラックバック

 

2019. 05. 09

3歳12ヶ月_発達相談2回め

初回の発達相談の記録も中途半端になっている気がしますが、
2回目のことを。と言ってもずいぶん前(4月初め)のことなのですが。

年少に進級し、環境が大きく変化することで精神的に荒れるであろうという予測の元、
2回目の発達相談を(予定より少し早めて?)4月初旬に設定したのですが、
意外や意外、息子の荒れ方は想定以上に小さく。

いやもちろん、スモック着ない(→この記事)とか、
小さな行き渋りとか、そういったことはあったのですが、

帰宅後に手が付けられないくらいにかんしゃくを起こす、とか、
前よりもこだわりが強くなる、とか、
そういった予測がことごとく裏切られ、ごくごく「通常運転」な息子で、
ほんと、拍子抜けだったのです。

(といってもアレですよ、癇癪やこだわりが「全くなかった」のではなくて、
「あったんだけどいつもの程度」ということですよ)

保育士さんに聞いても
「まだ最初だから緊張しているんだとは思いますが」
という前提ではあるものの、
「すごくがんばっていて、乳児組の時にはできなかった(やろうとしなかった)こともやろうとする」
「朝、お母さんと離れるときは少し崩れるけど、日中はにこにこと過ごしている」
とのことで。おお・・・順調。

昨年、指摘された〈切り替えの難しさ〉等も
「今のところ特に気にならないんですよ~」
と首を傾げられ。

・・・ということを、発達支援センターの先生(心理士さん?)に報告したところ、
「もっと荒れると思ったんですけどねえ」
とやはり驚かれてしまいました。

ただ、必要以上に「頑張りすぎている」のかもしれないからそこは気を付けてあげて、とのこと。

・・・まさにそれは私も危惧しているところでございます。
なぜなら私がそのタイプだから。(んである日爆発するかスイッチが切れるか。大迷惑。)

とはいっても、帰宅後も進級前とほとんど変わらない様子で過ごしている息子。
(園での昼寝がなくなったので眠そうではあるけれど)
頑張りすぎの反動が家で出ているふうでもないので、しばらく気にかけつつ、様子見です。


そんなわけで2回目の発達相談はそれほど中身がなく(笑
むしろ私の精神状態についてのグチを聞いてもらうことに時間の半分を費やしてしまった。
(記事の順番は前後するのですが、実は「心療内科に行って眠剤と安定剤をもらっといで!!」と
このときの相談で言われたのもあって、行ってきたのです。)


このままいろんな特性も気にならなくなっていくのかな?
と少しのんきな気分になった2回目の相談だったのですが、
翌週の体験療育(1回目)でやっぱり「ああああ」となるのでした。

つづく。


にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://nekonekoan.blog.fc2.com/tb.php/419-a37651cd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

オススメ

 

検索フォーム

 

RSSリンクの表示

 

リンク

 

QRコード

QR
 

ブロとも申請フォーム