FC2ブログ

30代、はじめて育児日記~ウツ持ち母と発達グレーな息子の成長記録~

プロフィール

杏

Author:杏
30代終盤のパート主婦です。
元ウツ持ち。→2019年再発?
年少の長男は発達障害疑いで目下、各方面に相談中。
夫は1級障害者+脳卒中で倒れ後遺症持ちの40代。
2018年より義父と同居開始しました。

育児のこと、家計のこと、暮らしのことなどを
記録も兼ねて、つらつら記します。
よろしくお願いします。

 

最新記事

 

カテゴリ

 

月別アーカイブ

 

最新コメント

 

最新トラックバック

 

2019. 05. 21

3歳12ヶ月_初めて療育(体験)へ行く その2

前回の続き。体験療育初回です。

さて、案の定カチンコチンに固まってしまった息子、
なんとかだんだん解凍され、先生に促されながらおずおずとおもちゃを手に取るように。

そんななかで、先生のひとりが言った。

「みんなー、見てー!
時計のこの長い針が、『7』のところにきたらおもちゃはおしまいです!
おしまいの音楽が鳴りますから、お片付けしましょうね!」

大きな掛け時計の「7」のところに目印のシールが貼ってある。
なるほど、これならアナログ時計が読めない子でもわかりやすいな。
(うちの子は、家ではデジタル時計を目安に動いている。そろそろアナログのほうも教えたいところ)

ちなみにこの時点で時計の針は「4」あたり。
おもちゃおしまい、まで、まだ15分ほどあったわけなのですが。

そこからの息子、時計を気にする気にする。
1分おき、どころじゃない頻度で時計を見る。見る。見る。
「そんなに気にしなくても、まだまだだよー」
「音楽なるんだから、そんなに見てなくても大丈夫だよー」
と私が声をかけてもダメで、見る。見る。見る。

その様子に先生ビックリ。

先生「家でもこんなふうですか?」
私「そうですね、時間はものすごく気にします」

実際、家での息子は、たとえば「7時29分」にお風呂に入る、と約束したら、
その何分も前から時計を気にして、
29分になった<瞬間>に
「なったよー!」「おふろいくよー!」
とお風呂に走っていく。

これが時計を見るのを忘れていて「7時30分」になろうものなら、
とたんにやる気をなくして「お風呂、入らない!」となってしまうのだ。
(そしてなんとかなだめすかして「7時39分に入る」約束をする。なぜか「9」にこだわる息子)

・・・話を戻して。
時計は「7」になり、お片付けの音楽が鳴った。
そのことに、息子は安堵した様子。

要するに
「約束がきちんと守られるか」(=「7」になったら本当に音楽が鳴るか)
が気になって仕方がなかったようだ。

おとなしく指示に従い、おもちゃを片付けて、
そこからは「エビカニクス」や簡単なゲームなどのプログラムが始まる。

・・・・私にべったりでまーーーーーーーったく参加できなかったので、
その辺は割愛。


初めての療育では
・初めての場所、人に対する苦手意識
・時間に関するこだわり
・「母」への強い依存

が、浮き彫りになったわけでした。

「・・・次回、母子分離できるかな?」
と最後に先生が心配そうにつぶやいていた。
ほんと、それです・・・。


にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://nekonekoan.blog.fc2.com/tb.php/421-44304ebd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

オススメ

 

検索フォーム

 

RSSリンクの表示

 

リンク

 

QRコード

QR
 

ブロとも申請フォーム